読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潰瘍性大腸炎が倒せない

潰瘍性大腸炎への恨み辛みや美味しかった料理などを中心に、潰瘍性大腸炎を倒さんとする勇者の軌跡。

トイレ談議

眠れぬ夜のなんとやら。

 

自動水洗はありがた迷惑です。

座った途端に流れて寒い。

お腹抱えて苦しんでる時に流れて寒い。

寒さでさらに長居する羽目になる。

ひと段落して立ち上がり、体調を確認しようと振り返っても紙しかない。
新しめの便器は座ってる間に流れることは少ないようにも思いますけどね。
それでも立ち上がってすぐ流れるのはやっぱり確認できないし、何より誤水洗がないわけじゃないですし。

必要なのは流し忘れ対策で、むやみやたらと勝手に流れることじゃないと思います。

手間などかかるかもしれませんが、個室の扉の鍵などをスイッチとして連動させるのがいいのではないかと。

 

加えて駅や外にあるトイレの便座には寒さ対策が必要だと思うんです。

尿意も引っ込む冷たさですよ。

便意は時間差で促進されます。

かといってヒーターなんかでは効率が悪いので、座面をザラザラにするのがいいと思います。

シート1枚貼るだけですよ!

いくつかの駅などのほぼ外にあるトイレで出会ったのですが、何が理由かはわからないけれど冷たくなかったんです。ザラザラの便座は。明らかに冷たくなりそうな環境なのに。

是非全国の洋式トイレを設置している駅などには導入をお願いしたい。

 

自動誤水洗の寒さ、便座の冷たさが解消されれば、混雑時のトイレの回転率上がると思うんですよね。

 

混雑時といえば、誰でもトイレ。

別名駆け込みトイレ(私命名)。

緊急なのに列ができてる時、空いてると駆け込んじゃいます。

そんな症状の時はたいてい長居してしまいます。

終わって出たら目の前に空の車椅子があったことがありました。

ごめんなさいと叫びたくなった。

車椅子で入れるトイレの少なさが切ない。

中広いですから、お子さん連れのグループで利用されているのも見かけます。

うまいこと考えたなと感心しました。

いいと思います。

こういう使い方はいいと思います。

体調不良も正当な理由だとは思うんです。

車椅子の方も、立って歩ける人と同様にある程度待つ必要があったりするのが、ある意味では平等なのかもしれません。

だって車椅子なら何も言わずに待たずにすんなりなんてズルい。

それでも、下半身に疾患があるということは腰回りの筋肉や消化器官などの臓器にも支障がある率が通常よりははるかに高いと想定できます。

だからやっぱり申し訳なさは拭えない。

UC患者ならば意識せざるを得ないオストメイトもありますし。

だからこそ、なんでもないのにあそこに長居する人が許せません。

着替えだのメイク直しだの荷物整理だの、トイレでやるな!

特に誰でもトイレでは絶対やるな!

普通のトイレでも混雑時にはやるな!

 

私は時に列に声をかけなければなりません。

「消化器疾患で急いでいるので、お先いいですか?」

これを先に並んでいる全員に。

もちろん一人一人になんて言ってられませんから、数名ごとに声をかけ、各々の目を見て否がないかだけ確かめていきます。

ほとんどの場合は無言の肯定で、良くて首肯、誰も気遣う声など掛けてはくれない。

おばさま方ばかりの時は反応があることが多くて、安堵と申し訳なさで泣きそうになります。

本当の本当にヤバい時はこんなことしてる間に漏れますけどね。

この間、子供1人だけが並んでいて抜くに抜けないしそもそもタイミングが悪くなかなか空かなかったことがあって、2つほぼ同時に空いたんですけど、間に合いませんでした。

誰でもトイレとは別に、駆け込み専用トイレが欲しいです。切実に。

 

不思議なことに、誰でもトイレが空いていない時は待っていても全然空かないので、ほとんどの場合通常列に声をかける羽目になります。

そちらの方が回転早いですから。

本来の目的以外で利用しているケースもありますが、ただのお年寄りや子連れグループも結構時間がかかるものです。

正直、じじばばになったからって横着するんじゃないよと思うこともありますが。

だって尿漏れパッドはまだ安いじゃないですか。

紙パンツは安くないんですよ!

頭に1が付くんですよ!

軟便じゃないなら譲れよ!

当然急いでいる時は周りにお年寄りがいようと誰でもトイレが空けば駆け込みます。

まだ列を抜ける前ならば。

元気に遊べる年寄りの足腰なんて知ったこっちゃないよこっちは下痢が漏れそうなんだ。

なんなら貧血も追加だよ。

元々は優先トイレという名称だったからでしょうか、お年寄りは比較的躊躇も遠慮もなく誰でもトイレを利用しているように見えます。

奴ら優先と付くもんは全部自分達が対象に入っていると勘違いしてやいないか?なんて。

冗談です、一応。

そりゃあ、動く乗り物ではヨタつく人はどうぞ座ってください手すりもつり革も届かないとなりゃ危ないですから。

でもね、トイレは動いてない。

杖をついてもない手帳も持ってない人は、若い頃のちょっと考えて躊躇う心を忘れないでほしいのです。

最近は全個室に手すりの設置されているところも多いですし。

おばあさま、おじいさま、あなたに必要なのは手すりだけではありませんか?

なる早でケツひん剥いて便器に座ることではないのではありませんか?

 

いろいろと文句をつけてきましたが、とどのつまり自動水洗でなく便座を冷たく感じない駆け込み専用トイレがあればいいのです。

そこをただの子供やじじばばに占領されなければいいのです。

まったくUCのトイレ事情には課題が多過ぎますね。

これでも、手術はおろかステロイド剤さえ使用対象をギリギリ免れている程度なんですよ。